+81-3-6435-8363

一般財団法人トランスアクト財団

一般財団法人トランスアクト財団

最新情報

2019-11-20 00:00:00
■派遣秘書という働き方はなぜ多いのだろうか?派遣秘書について徹底解説

派遣秘書の求人情報を目にする機会が増えたと感じている人も多いのではないでしょうか。実際に、大手企業でも派遣秘書という形態をとるケースが増えています。派遣社員が増えている背景にはどんな理由があるのでしょうか。今回は、派遣秘書のメリットや正社員秘書との違い、派遣秘書に向いている人の特徴について詳しく解説します。

 

 

1.派遣秘書のメリット

 

派遣秘書のメリットは大きく4つあります。まず、未経験からでもチャレンジできることです。アシスタント業務から秘書の実務経験を積めるので、そこから正社員秘書へのチャンスもつかめるかもしれません。勤務条件や業務範囲が契約で定められているため、仕事とプライベートを両立しやすいのも派遣ならではのメリットです。福利厚生が充実している大手企業で働けるチャンスにも恵まれています。最後に、待遇に希望があれば派遣会社の営業担当に相談できます。たとえば、勤務開始日を遅らせたいときなどにも、営業担当が代わりに派遣先に交渉してくれるので安心です。

 

 

2.正社員秘書との違い

 

企業側からすると、秘書は正社員として雇うよりも派遣にするほうが人件費を抑えられます。また、派遣は期限付きなので、急に辞めた人の穴埋めが欲しい、繁忙期にだけサポートが欲しいといった、その時々のニーズに合わせたフレキシブルな採用が可能です。働く側からの違いは、任される業務範囲が異なる点です。派遣では、基本的に契約で決められた業務範囲が守られますが、正社員では状況に応じて秘書以外の業務を命じられることもあり得ます。待遇も異なり、派遣の場合は時給制で、1500~2000円程度が目安です。賞与は支給されませんが、労働基準法のもと残業代や休日手当は支払われます。

 

 

3.派遣秘書に向いている人

 

派遣秘書の業務内容や待遇について理解したところで、ここからは派遣秘書に向いている人の特徴を紹介します。

 

できる秘書になるための心得や心構えとは、どのようなものなのでしょうか。

 

1つ目は、守秘義務の厳守です。秘書の仕事に携わっていると、上司のプライベートな面や会社の機密事項に触れる機会が多くなります。しっかりと守秘義務が守れる人でなければ、秘書になることはできません。

2つ目は、正しいマナーを身につけることです。秘書のビジネスマナーが悪いと、上司の顔に泥を塗ることになってしまいます。

3つ目は、気配り力を持つことです。上司に指示されたことだけではなく、自分にやれることを考えて行動に移す力が必要です。また、上司との関係だけでなく、取引先などとの関係においても気配りができるほうが好印象になります。

4つ目は、高い事務処理能力を身につけておくことです。秘書を雇う人は基本的に忙しい人ですから、事務処理能力が高ければ高いほど助かります。

5つ目は、越権行為をしないことです。秘書であっても、権限を越える行為をしてはいけません。上司の代わりにやっておけることはないかと考えるときにも、どこまでが自分に許されている行為なのか知っておく必要があります。そして、ルールを厳守しましょう。

6つ目は、噂話などに関わらないことです。上司のプライベートな情報を口外してしまうと、信頼関係が崩れます。上司についての質問などには、徹底して答えない姿勢が必要です。

7つ目は、上司のサポートをする覚悟を持つことです。上司と同じように丁寧な対応をされると、自分が偉い人になったように感じてしまう場合もあります。しかし、自分は上司をサポートする立場だということを忘れず、謙虚な姿勢でいることが大切です。

 

3-1.未経験・他職種から秘書になりたい人

 

正社員秘書の場合、未経験者を採用することは滅多にありません。しかし、派遣であれば、未経験でもチャレンジできるアシスタント職もあります。秘書検定などの資格がなくても応募できる仕事が多いので、まずは派遣秘書として実務経験を積みながら、平行して資格取得を目指していきたい人におすすめです。派遣秘書であれば残業の少ない職場も希望できるので、自分のための時間を捻出しやすく、正社員として働くよりも短期間で資格取得を目指せるでしょう。実務経験と資格の両方があれば、秘書としてより条件のいい仕事を紹介してもらえる可能性も高まります。

 

3-2.秘書の経験があるワーキングマザー

 

派遣秘書であれば、派遣会社を通して時短勤務の交渉も可能です。そのため、結婚や出産などのライフイベントによって退職した秘書経験者で働ける時間に制限がある人にも向いています。今は仕事よりも家庭や子育てを優先したいなど、ワークライフバランスに合った仕事を案内してもらえるのも派遣秘書の魅力です。また、子どもが大きくなってきたので仕事の比重を増やしたいとなった場合も、条件を変えて働き続けられます。

 

3-3.秘書職のスキルをキャリアアップに生かしたい人

 

派遣という働き方だからこそ、短期間にさまざまな環境の職場を経験でき、それに応じて臨機応変な対応力が身につきます。臨機応変な対応力は、ビジネスパーソンには欠かせないスキルです。また、秘書業務を通じて、ビジネスマナーやコミュニケーション力、パソコンスキルなど幅広い能力を磨けることも転職には有利に働きます。もちろん、自分に合ったレベルでスキルを習得しながら働けるので、秘書のプロフェッショナルとしても着実なスキルアップが望めます。

 

 

派遣秘書を導入して即戦力にしよう

 

派遣秘書は、働き手にとっても企業側にとってもメリットが多く、求人市場でも存在感を増しています。経験豊富な秘書を雇えば、すぐに即戦力として高いポテンシャルを発揮してくれるでしょう。スケジュール管理なども秘書に一任すれば、大幅に仕事の効率が良くなるはすです。この機会にぜひ派遣秘書を導入して、業務の効率化を目指してみませんか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2019-11-15 00:00:00

起業のリアルと企業のリアル 「学生に、経営のありのままを見てもらえたら」

 

起業して間もない頃、他に選択肢がなかった私は格好悪かろうが何だろうが全てに必死で、追い詰められた状況のなか会社経営に関わることを一人で全部やってきました。

そのため、細かい枝葉のスキルだけではなく会社の幹となる経営そのものを学びたい学生さんにはとても勉強になると思います。もちろん、インターンの学生さんにはプロドライバーの仕事ではなく派遣業を行う企業の経営に携わってもらいたいと思っています。

会社の内側のものはすべて見せられますし、知りたいという気持ちに応えるため、お伝えできるものはすべてお伝えしようと思っているので、他人任せではなく自分の力を付けたい学生さんであればとても価値のある時間になると思います。

私も議員秘書として様々なことを学ばせてもらった経験があるため、インターンの学生さんにも良い所も悪い所も含めて経験してもらい、経営を続けていくためのヒント等を学んでもらえたらと思っています。

 

 

161115051859-582a1c3301c9d.jpg


2019-11-10 00:00:00
■経営者が必ず知っておくべき労働時間!あなたは守れていますか?

経営者が会社の業績を上げることは大切なことですが、従業員に対する配慮も必要です。その1つに労働時間があります。経営者は従業員の労働時間について理解し、守れていなければなりません。この記事では経営者が知っておくべき労働基準について解説するとともに、残業についての決まりや制度別のルールについても紹介していきます。

 

 

1.労働基準法の労働時間

 

業績がよい会社であっても、従業員に長期労働をさせることは許されません。従業員の過労死は問題となっており、結果、会社の存続に関わることになっている例もあるのです。労働基準法では、経営者は従業員に原則として1日8時間、週40時間を超えての労働をさせてはいけないと定めています。もし、それ以上労働させる場合には、割増賃金を支払わなければなりません。1日8時間、週40時間を超える労働時間についての賃金は「時間外労働の時間(時間単位)×1時間あたりの賃金(円単位)×1.25」で計算します。

 

 

2.残業がある場合は36協定の届け出が必須

 

会社の経営者が従業員に1日8時間、週40時間を超えて労働させてはいけないと決められているにもかかわらず、残業をさせている場合が多々あります。実は労働基準法では経営者が労働基準監督に36協定(さぶろく協定)というものを届け出れば従業員に時間外労働、つまり残業をさせることができるのです。そのうえで、前述した割増賃金を支払わなければなりません。36協定は、従業員に法定時間を越えて労働させる場合には、あらかじめ労働組合または従業員の代表と協定を結ばなくてはならないといった趣旨の内容を盛り込んだ協定のことです。

 

経営者が36協定の届け出をしないで従業員に時間外労働(残業)をさせた場合には、労働基準法違反となります。罰則は6カ月以下の懲役、または30万円以下の罰金となっています。残業代をしっかりと支払っていても36協定の届け出をしていないと違反になってしまいますので、気をつけましょう。

 

 

3.制度別の労働時間のルール

 

経営者にとって従業員の労働時間は、学ぶべき重要項目の1つです。我が国の労働時間制度には、さまざまなものが存在します。ここからは4つの労働体系について紹介していきます。

 

3-1.フレックスタイム

 

これまでは多くの会社で経営者側が従業員の就業時間を決めていましたが、従業員が自ら就業時間や始業時間を決められる働き方をフレックスタイムといいます。これまでとは違い、人々の生活様式が増えきたことから働き方にもさまざまな形式が必要だと、できた制度です。フレックスタイムの大きな特徴は、導入することによって1日8時間、週40時間という法定労働時間を越えて働くことができることです。あらかじめ1カ月以内の清算期間と、その期間内の総所労働時間を決めます。

 

その決めた清算期間内の契約時間を越えなければ、1日に8時間を超えても週に40時間を超えても働くことができるのです。経営者側も、この期間内に1日に8時間以上働いた従業員に対して、残業手当を支払う必要はありません。働く時間帯を自由に設定できるので、母親などが子育てなどの調整をしやすいというメリットがあります。しかし、自己管理を適切にしないと仕事が回らなくなる可能性もあり、注意が必要です。

 

3-2.裁量労働制

 

さまざまな業務が存在するなかで、新商品や新技術の開発や情報処理システムの設計などの業務は、遂行の方法や時間配分を従業員に任せたほうがよいケースがあります。そうした場合に導入するとよい制度が、裁量労働制です。これまでは経営者側が労働時間を決め、時間外労働がおこなわれた場合は割増賃金を支払うのが通常でした。しかし、裁量労働制では特定の業務について実際に働いた時間にかかわらず、一定時間働いたとみなすのです。実働労働時間ではなくみなした時間を労働時間として、その中に法定労働時間を超える時間があれば、その分会社が割増賃金を支払います。

 

3-3.管理職

 

管理職(管理監督者)の人は会社のために時間や休日に関係なく出勤して、働かなければなりません。就業時間を自分で自由に決められることや他の社員に比べて給料が非常に高いなどの優遇を受け、経営者に近い権限や責任を持っているという条件があるからです。自分の勤務時間を自分で決める権限を持っていないなど、3つの条件のうち1つでも欠けていると法律上の管理職(管理監督者)とは認められません。その場合は会社側が残業代などを支払う義務があります。

 

3-4.変形労働時間制

 

タクシーやトラックのドライバーなどは繁盛期や閑散期があり、勤務時間が増加したり減ったりするケースがあります。こうした職種に最適なのが変形労働時間制です。これは、労働時間を1カ月単位や1年単位で調整することで、時間外労働としての扱いを不要とする働き方です。この場合でも経営者は法律で決められた労働時間を超えて働かせた場合は、残業代を支払わなければなりません。

 

 

労働基準をしっかり守った経営を行おう

 

労働形態が多様化する中で、経営者は各制度を理解して正しい労働基準環境を整えて経営しなければなりません。経営者は事業そのものに関するすべてのことや資金配分の決定、加えて従業員の労働環境を整えることが求められています。まずは経営者自身の労働環境を整えるために、運転手や秘書を雇ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


2019-11-05 00:00:00
■「トランスアクト」は特許庁より商標登録の認証を受けております

当グループ総称「トランスアクト」は経済産業省特許庁より商標登録として正式に認証され事業活動を行っておりますので、ここにお知らせ致します。

 

【商  標】 トランスアクト / TRANSACT

【登 録 日】 平成29年9月29日

【登録番号】 第5983936号

【区  分】 第39類


2019-11-01 00:00:00
D9.png

運転することが好きな人などは、日頃から運転をする仕事に就くことも考えているのではないでしょうか。バス・タクシーなどの不特定多数を運ぶ仕事もありますが、特定の会社の役員を乗せる「役員運転手」も人気の仕事です。しかし、どうせやるなら憧れの会社で運転手をやってみたいものですよね。そこで今回のアンケートは、役員運転手をやるならどんな会社の運転手になりたいのかについて調査しました。

 

【質問】

あなたが役員運転手として働くことになったら、どこの会社の運転手を努めたいですか?

【回答数】

勢いのあるIT企業(Appleなど):22

超大手上場企業(TOYOTA):42

ジャニーズ事務所:9

プロスポーツクラブ(読売ジャイアンツなど):15

吉本興業:12

 

「超大手上場企業」企業安定志向や待遇重視!そして誇り?

 

アンケートの結果、最も多かったのは半数近くの人が選んだ「超大手上場企業」という結果になりました。

・安定を求めるには1番、トヨタは世界ナンバー1の企業ですから安心できます(30代/男性/パート・アルバイト)

・給与もそれなりにもらえて、かつ雇用も安定していそうなイメージがある。(40代/男性/個人事業主)

・超大手の上場企業なら待遇や福利厚生などが良さそうな感じがするから(30代/男性/個人事業主)

 

トヨタなどの超大手企業には、安定した収入や待遇などによって生活を豊かにしてくれるというイメージを持たれています。また「トヨタは世界ナンバー1の企業」という表現から、働いていることが誇りと思える企業で働きたいという気持ちもあるようです。一般的には、上場している大企業で働いてみたいという考えの人が多いということでしょう。

 

「IT企業」は儲かってそう?成長が期待できる業界で働きたい!

 

アンケート結果の2番目は「IT企業」となりました。

・IT企業は儲かってそうだから、運転手としてのお給料やそのほかの待遇が良いと思うからです。(50代/男性/パート・アルバイト)

・これからもIT企業は成長していくのだと思うし、漏れ聞こえてくる会話なんかで新情報を知ることができそう。(30代/女性/無職)

・勢いのある会社は役員にも有能な人材が集まっていそうなので、自分も刺激を受けられるのではないかと思うから。(30代/女性/個人事業主)

 

Appleなどに代表される「IT企業」を選んだ理由として多かったのは「安定した収入」「儲かっていそう」「成長が期待できる」などのお金に関することでした。しかし、有能な人材に刺激を受けたいなどという意見から、自分を向上させたいという気持ちを持っている人にとってもIT企業は人気の業界と言えます。

 

お金じゃない!?プロスポーツクラブ

 

アンケートで3番目に多かったのは「プロスポーツクラブ」という結果になりました。

・スター選手たちを間近で見られ、うまくいけば親しくなれるかもしれないから。(20代/男性/個人事業主)

・好きな野球チームに貢献できていると思うと楽しく運転できそうだからです。(30代/女性/正社員)

・プロスポーツクラブの役員運転手になったら、もしかしたら有名な選手を乗せることもあるかもしれないから、いい話のネタになります。(40代/男性/無職)

 

読売ジャイアンツなどのプロ野球球団で働きたいという意見が多くありましたが、安定や待遇などの意見ではなく、その業界の役に立つ仕事をしたいという意見が多くありました。スポーツ選手は、子供のころから憧れの存在として認識している人が多くいます。自分がその業界に携われるのなら、お金や待遇で仕事は選らばないということでしょう。

 

楽しそう?笑わせてくれる?吉本興業!

 

アンケートで4番目に多かったのは「吉本興業」という結果になりました。

・なんとなくですが移動が楽しくなりそう。あと有名企業だからです。(20代/男性/正社員)

・勝手な印象ですが、一番偉ぶってなさそうで、庶民の気持ちに近い部分を持っていてくれそうだから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・芸人さんにもよると思うが、車の中でも笑わせてくれそうだから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

 

お笑い芸人が多く所属する吉本興業のイメージは、やはり楽しそうや笑わせてくれそうというものでした。また、運転手として働くということで「庶民の気持ちに近い部分を持っていてくれそう」という、話しやすさを重視する意見も特徴的です。いつもテレビで見ている人たちなので、同じように仕事をしているときも笑わせてくれるのではという印象があるのでしょう。会社などで人間関係に悩む人が多い現代において、こうであってほしいという希望のようなものも感じられます。

 

「安定」か「憧れ」で決める傾向

 

アンケートの結果、半数以上が安定した収入などを重視した意見となりました。やはり「仕事」や「働く」という単語を目にすると、お金や安定した生活を思い浮かべるが一般的ということでしょうか。次に多かったは、憧れの業界で憧れの人たちと知り合いたい、またはその業界の役に立ちたいという意見でした。運転手の仕事を選ぶときは「安定」を取り豊かな生活を求めるのか「憧れ」を追ってやりがいを求めるのか、じっくりと検討する必要がありそうですね。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

あなたが役員運転手として働くことになったら、どこの会社の運転手を努めたいですか?

 

【勢いのあるIT企業(Appleなど)】

・IT企業は儲かってそうだから、運転手としてのお給料やそのほかの待遇が良いと思うからです。(50代/男性/パート・アルバイト)

・役職運転手になるなら本当はどこでもいいです。芸能関係も大手企業もあまり興味がないです。(20代/女性/無職)

・IT関連の情報には、個人的に興味があるからです。誰も知らない情報を世に出る前に聞けるチャンスかも知れません。(30代/男性/正社員)

・時代を読む一流の人の側にいて、その人の考え方などに少しでもいいから触れていたいと思うため。(20代/女性/パート・アルバイト)

・これからも伸びるだろうし安心感があるからです。潰れたりしなさそう。(30代/女性/正社員)

・ほかのところよりも給料に関しては安定していそうだから。超大手上場企業の場合、業種によって今大変なので将来が不安になる。(40代/女性/正社員)

・勢いのある会社は役員にも有能な人材が集まっていそうなので、自分も刺激を受けられるのではないかと思うから。(30代/女性/個人事業主)

・独創的な考えを持つ人や挑戦心に溢れた人に会うことができるから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・IT企業は時代を先取りしないとやっていけないイメージがあり、最新の情報に触れることができそうだから。(30代/男性/個人事業主)

・IT業界が好きでどんな役員がいるのか・どんな話をしているのかを見聞きしてみたいと思ったから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・成長している企業や人にどんな特徴があるのか知りたいから選んだ(20代/女性/学生)

・消去法で選んだ。芸能人やスポーツ選手に興味はないし、大手企業は面倒が多そうだから。(40代/女性/個人事業主)

・ITだと、サービスアプリが普及しているので仕事にしやすい印象です。ITだからこそ安心できるイメージがあります。(20代/男性/学生)

・IT企業の役員はたくさんの業種の方々と会うと思う。色々な場所に行きたいし、様々な年代のトップリーダーと語り合う業種だから多種多様な景色が見えるのが楽しそう。(30代/女性/無職)

・かっこいい企業に関わることができるのが楽しそうであると思うから(20代/女性/学生)

・タレントやスポーツマンと違い、いち社会人であるという自覚があるのと日本の昔からの企業特有のめんどくささが無さそうなので。(20代/女性/パート・アルバイト)

・勢いにのっているので社内の雰囲気も良いと思います。お堅い企業よりラフな感じもします。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・これからもIT企業は成長していくのだと思うし、漏れ聞こえてくる会話なんかで新情報を知ることができそう。(30代/女性/無職)

・守秘義務があって漏らせないけれど、面白そうな話を聞けそうだから。人相手の商売やってる人は身内には厳しいと思う(40代/男性/無職)

・新しい情報が手に入る可能性が高そうだから。動きがロスなくスマートだと思うから。(20代/男性/正社員)

・勢いのあるIT企業の役員であれば、考え方や生き方が参考になる。特に勢いのあるIT企業の場合、前向きな考え方の人が多く自分自身もワクワク出来ると思うから。(40代/男性/正社員)

・勢いのあるIT企業の役員運転手となれば、それなりに待遇や給料も良さそうな上、今後の見通しも楽しみなため。(40代/女性/無職)

 

【超大手上場企業(TOYOTA)】

・任天堂がいいです。子どもから大人まで誰でも知っている会社だし、外国人にも人気があります。きっとうらやましがられます。(50代/女性/パート・アルバイト)

・お堅い役員を乗せて、寡黙に運転に徹することができそうだから。(40代/女性/正社員)

・超大手上場企業の役員にまでなっている方と運転手としてお話を出来る機会があれば、あらゆる面で勉強になることが多いと思う為。(20代/女性/派遣社員)

・大手企業だと基本的な給料も高いため、長く安定的に働き続けることが出来そう。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・直ぐには倒産しない堅実さと、イメージだが運転手としての時間帯が不規則ではなく決まっていそうだから。また、給与の支払いもしっかりしていそうだから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・行き先が比較的固定されていそうなのと、急な予定変更などが少なそうなので。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・超大手上場企業の運転手なら安定しているのではないかと思うからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・働き方改革が浸透していて、体に負担になるような勤務形態はないと思うから。(40代/男性/正社員)

・超大手の上場企業なら待遇や福利厚生などが良さそうな感じがするから(30代/男性/個人事業主)

・福利厚生や給料などの条件がしっかりとしていそうだと思うから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・芸能系は面白そうだけど裏側を見たくないので、無難に一般企業で働きたい(20代/女性/正社員)

・景気の影響を受けにくい、安定した仕事が長く続けられるため。また、企業のブランド名が社会的なステータスにもなるため。(40代/男性/正社員)

・ファンやマスコミに追われることもなく運転に集中できるだけでなく、倒産などの心配が少なく安定して働けそうな超大手上場企業の運転手の仕事は魅力的だと思います。(40代/女性/無職)

・最近大きくなったような会社だと、調子に乗っている人が凄く多そうなので、ストレス溜まりそう。(40代/女性/無職)

・責任の重い仕事ですが上場企業の運転手でしたら、一般的なマナーが身につき、勉強になることも多いと思います。(40代/女性/派遣社員)

・給与もそれなりにもらえて、かつ、雇用も安定していそうなイメージがある。(40代/男性/個人事業主)

・名門企業の役員は体育会系ではなく文系という感じで、パワハラされることがなさそうなので(40代/男性/個人事業主)

・安定的して継続的に契約がありそうだし、トップ企業なので、そういった企業の役員がどんな人なのか興味がある(40代/女性/派遣社員)

・働く時間もしっかりと決まっていそうで長時間労働はなさそうです。給料も安定していると思うからです。(50代/女性/パート・アルバイト)

・オクト  やはり超大手のほうが安定しているから、働きたいなと思いました。(40代/女性/無職)

・他の企業は態度が悪い人が多そうなので、消去法で選んでみました。(30代/男性/無職)

・あくまでもイメージですが、他と比べると常識的な役員が多そうだから(40代/女性/正社員)

・芸能やスポーツ関係は、追っかけファンが多く、接触事故等が発生する確率が高くなるので除外。勢いのあるIT企業は、天狗になっている役員がいそうだから除外(50代/男性/正社員)

・TOYOTAは車の会社なので良い車にそれそうなので、運転が楽しめそうだからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・本当はどんな人たちが超大手の会社を動かしているのかわかるし、お給料も良さそうだから、超大手企業の運転手をやってみたいです。(40代/女性/個人事業主)

・安定を求めるには1番、トヨタは世界ナンバー1の企業ですから 安心できます(30代/男性/パート・アルバイト)

・大手の場合福利厚生やマニュアルなどがしっかりしていて、働きやすそうなイメージです。(30代/女性/無職)

・芸能事務所よりもこちらの方が、一般の常識がある方のような気がするから(40代/女性/正社員)

・将来性があり、安定していると思うので安心して長く勤められそうだからです。(20代/女性/正社員)

・選択肢の中で一番福利厚生が整っていて、仕事内容についてもしっかりとした取り決めを設けていそうなイメージがあるから。(40代/女性/正社員)

・社員として入社できる前提での選択肢です。社員は守られ、非正規雇用はゴミ扱いを受ける業界ですので。(30代/男性/正社員)

・歴史ある企業でコツコツものを製造する会社の方が、従業員を雇用する体制が整っていると考えます。選択した会社以外は、イメージ的に役員の脳内にドーパミンが超大手上場企業より多く出ていそうです。興奮しているとすると、安定して働くことができないと言うイメージがあります。(30代/男性/個人事業主)

・堅実に収入を得ることができそうです。それから、まとまな対応をするように思います。(50代/女性/個人事業主)

・大手上場企業ならではの、福利厚生等が充実しているだろうから。(30代/男性/個人事業主)

・役員運転手に求められるのは忠実な運行と時間厳守なのでその使命を遂行しやすいから(40代/男性/個人事業主)

・日常生活で触れたことの無い世界や、経済界などの超大物な著名人などに関わる機会が持てそうなので。(40代/女性/正社員)

・日本経済を支える大手企業の執行役員を気持ちよく送り迎えできたら、運転手としてうれしさを感じられると思うからです。(30代/男性/無職)

・しっかりと生活を送れるだけの給料は欲しいし、新入社員などと比べてそれなりに高い給料であるべき(40代/男性/正社員)

・大手企業の雰囲気が好きで、この会社の一社員として役員の役に立ちたい、と思うのは極当然のことと思うから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・急なスケジュール変更等が発生する可能性が少ない印象があるので、落ち着いて仕事ができそうだからです。また日頃から一流企業の役員と接することにより、仕事しながらビジネスマナーのスキルを磨けるからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・大手企業なら安定した収入を得られるように思うのと、役員のマナーも良いような気がするので。(40代/女性/個人事業主)

・上場企業であれば収益の基盤がしっかりしているということですから、安定して働くことができると思ったからです。(40代/女性/個人事業主)

 

【ジャニーズ事務所】

・凄く大変そうだけど、ジャニーズのタレントの方を乗せてみたいですね。ただ、芸能界は時間がイレギュラーですし、運転手は間違いなくハードでしょうね。(30代/女性/派遣社員)

・役員運転手になって、ジャニー喜多川さんを見てみたいからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・テレビでジャニーズのタレントを見ない日が無いということは、必ず毎日仕事があると思うから。(30代/女性/公務員)

・ジャニーズの裏話が聞けたり、ジャニーズのアイドルと知り合いになれるから!!(40代/女性/正社員)

・ジャニーズ事務所ならイケメンが多くてイケメンが好きだからです。(40代/女性/個人事業主)

・タレントのプロデュース力を持っているマネージャー等と知り合い、ノウハウを学びたい。運転手だと会話や仕事ぶりを静かに聞いてまねることもできると思ったからです。(40代/女性/個人事業主)

・ジャニーズが単純に好きだから、可愛い男の子が多そうだからです。(30代/女性/正社員)

・私は、昔からジャニーズの皆さんのことが好きなのでジャニーズの運転手がいいです。(40代/女性/正社員)

・ジャニーズが好きなのでジャニーズのタレントに近くで会えるのでジャニーズ事務所の運転手を努めたい。(30代/女性/無職)

 

【プロスポーツクラブ(読売ジャイアンツなど)】

・やっぱり需要がありそうですし、やりがいがありそうだなと思ったので(30代/女性/正社員)

・スポーツ選手は、いろんなところへ行くことが多いのでやりがいがありそうだからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・アナウンサーや記者と人脈が出来るかも知れないから。有名人御用達や行きつけの店について詳しくなれそうだから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・好きな野球チームに貢献できていると思うと楽しく運転できそうだからです。(30代/女性/正社員)

・一番あこがれがあるのでスポーツ選手えお選びます。企業などは機密情報の扱いが心配なのと、芸能関係はいじめもひどいと聞いたことがあるので遠慮したいです。(40代/男性/正社員)

・あわよくば、有名プロ野球選手やメジャー選手を乗せて走ることがあるかもしれないため。そんなことがあったら、おおっぴろげには言えないが、こそっと家族に自慢したい。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・自分は野球経験者で野球が好きなので、ミーハーな考えですがプロ野球選手とトークしてみたいと思います。(30代/男性/個人事業主)

・日常的に関わりがない人物と関われるため。また興味があるため。(20代/男性/正社員)

・夢のある職業(プロスポーツ選手)の世界を日常的に体感してみたい。(50代/女性/派遣社員)

・専門知識がなくても会話ができそう。少し何かで話し降られても不安だから(40代/女性/専業主婦(主夫))

・スター選手たちを間近で見られ、うまくいけば親しくなれるかもしれないから。(20代/男性/個人事業主)

・プロスポーツクラブの役員運転手になったら、もしかしたら有名な選手を乗せることもあるかもしれないから、いい話のネタになります。(40代/男性/無職)

・スポーツ観戦が好きだから。観戦チケットがたまに優先的に入手出来そうな気もする。(40代/女性/個人事業主)

・スポーツが好きなので、スポーツを経営するトップの考えを知ることができたり、選手や関係者との繋がりが持てたりするかもしれないから。(40代/女性/個人事業主)

・自分はサッカーが好きなので、サッカークラブに関わる仕事ができれば嬉しいからです。(20代/男性/個人事業主)

 

【吉本興業】

・勝手な印象ですが、一番偉ぶってなさそうで、庶民の気持ちに近い部分を持っていてくれそうだから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・消去法。自分が運転する場合、乗る人々が、高圧的でなく、乱暴を働かなさそうで、精神が安定している人がいい。吉本興業の場合、お笑いの人は苦労を知っていそうなので、他人に対してわりと優しい人が多いのではないかと思ったため。(40代/女性/パート・アルバイト)

・吉本は人気が高く、運転手をすると面白そうだと考えたからです。(40代/男性/正社員)

・日本を代表するエンターテインメント会社で、タレントは勿論の事、社員の方々も個性的で面白い方が多いと聞く会社の役員をされてる方の運転手をする事で、ひどちらかと言うと引っ込み思案な性格の自分の生活が変われそうなパワーがもらえそうだから。(50代/男性/個人事業主)

・私自身、お笑いが大好きなので、芸人さんたちと親しくなりたいと思うから。(30代/男性/パート・アルバイト)

・お笑いというクリエイティブな仕事に寄り添って働くことは、とても魅力的だと思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

・芸能プロダクションの運転手の仕事がどのような感じかを知りたいと思い選びました。(40代/女性/無職)

・お笑いが好きなので、その仕事に少しでも携われることができるから。(30代/女性/正社員)

・なんとなくですけど移動が楽しくなりそう。あと有名企業だからです。(20代/男性/正社員)

・周りはお笑い芸人さんばかりに囲まれているので、きっと役員さんもユーモアに溢れているのではないでしょうか。楽しい会話をしながらのお仕事だったらと期待を込めて選んでみました。(40代/女性/個人事業主)

・芸人さんにもよると思うが、車の中でも笑わせてくれそうだから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・吉本興業の芸人さんを見ていると、クリーンなイメージが持てるから。(20代/女性/個人事業主)

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


1