+81-3-6435-8363

一般財団法人トランスアクト財団

一般財団法人トランスアクト財団

最新情報

2020-05-20 00:00:00
■必見!できる秘書の心得!必要なスキルや適性まで徹底解説!

これから秘書として働いてみたいと考えている人のなかには、秘書に必要なスキルや心構えなどを知りたいと思う人がいるのではないでしょうか。せっかく秘書になるのならば、上司に頼りにされるような仕事のできる秘書になりたいところです。この記事では、秘書に必要なスキルや心得、秘書に向いている人とはどのような人なのかについて紹介します。

 

 

1.秘書に必要なスキル

 

秘書に必要なスキルとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

1つ目は、高度なビジネスマナーです。一般の社会人であってもビジネスマナーを身につけることは必要となりますが、秘書はすべての社会人の手本となれるようなレベルのビジネスマナーを身につける必要があります。

2つ目は、基本的なビジネススキルです。資料作成などに使う事務処理能力も必要ですし、コミュニケーション能力も重要となります。

3つ目は、判断力や行動力です。ビジネスシーンにおいて、不測の事態が起こることは必ずあります。そのような場合、上司に判断を仰げる状況とも限りません。自分自身で適切な判断をし、行動する力が必要となります。

4つ目は、情報収集力です。上司の仕事に必要となるであろう情報を先回りして調べておけると、役に立つ機会があるでしょう。また、取引先と会食がある場合は、相手方の好みをさりげなく聞き出すなどの情報収集力が必要です。

5つ目は、豊かな人間性や気配り力です。秘書は上司の代わりとなって取引先と連絡をとることがあるため、秘書の印象が悪いと上司の印象も悪くなってしまいます。相手方を思いやり気配りができることは、秘書になるうえで重要なスキルです。

 

 

2.秘書に向いているのはどんな人?

 

秘書に向いている人とは、どのような人なのでしょうか。もっとも重要な要素として、気が利く人であることが挙げられます。秘書は具体的に指示されたことだけではなく、上司の助けになることを自分で考え率先して行うことが必要となるからです。次に、秘書は上司のスケジュール管理を行う場合が多いため、几帳面な人が望ましいです。ただ几帳面なだけではなく、急な予定変更にも対応できる柔軟性も兼ね備えていると、なおのことよいでしょう。

 

また、縁の下の力持ちとしてサポート役に徹することができる人も、秘書に向いています。自分が表舞台に立つことよりも、陰で支えることに喜びを感じるタイプの人といえるでしょう。ほかにも、周囲に対して広い視野を持つことができる人にも秘書の素質があります。自分ならどうするかではなく、上司の立場ならどうするかという考え方ができる人である必要があります。

 

3.できる秘書になるための心得・心構え

 

できる秘書になるための心得や心構えとは、どのようなものなのでしょうか。

 

1つ目は、守秘義務の厳守です。秘書の仕事に携わっていると、上司のプライベートな面や会社の機密事項に触れる機会が多くなります。しっかりと守秘義務が守れる人でなければ、秘書になることはできません。

2つ目は、正しいマナーを身につけることです。秘書のビジネスマナーが悪いと、上司の顔に泥を塗ることになってしまいます。

3つ目は、気配り力を持つことです。上司に指示されたことだけではなく、自分にやれることを考えて行動に移す力が必要です。また、上司との関係だけでなく、取引先などとの関係においても気配りができるほうが好印象になります。

4つ目は、高い事務処理能力を身につけておくことです。秘書を雇う人は基本的に忙しい人ですから、事務処理能力が高ければ高いほど助かります。

5つ目は、越権行為をしないことです。秘書であっても、権限を越える行為をしてはいけません。上司の代わりにやっておけることはないかと考えるときにも、どこまでが自分に許されている行為なのか知っておく必要があります。そして、ルールを厳守しましょう。

6つ目は、噂話などに関わらないことです。上司のプライベートな情報を口外してしまうと、信頼関係が崩れます。上司についての質問などには、徹底して答えない姿勢が必要です。

7つ目は、上司のサポートをする覚悟を持つことです。上司と同じように丁寧な対応をされると、自分が偉い人になったように感じてしまう場合もあります。しかし、自分は上司をサポートする立場だということを忘れず、謙虚な姿勢でいることが大切です。

 

 

心得やスキルを習得して素敵な秘書になろう!

 

秘書に向いている人とはどのような人なのかを知り、あてはまる部分が多かったのならば、秘書を目指してみてはいかがでしょうか。もちろん、すべてにあてはまらなかったとしても、これからスキルを身につけていけば秘書を目指すことは可能です。トランスアクトでは、好待遇で秘書の求人募集を行っています。ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2020-05-15 00:00:00

「日本が誇るビジネス大賞」に弊社情報が掲載されました。優れた技術や特殊な技能を持っている専門家、アイデアが面白い暮らしに役立つ評判のアイテム。誰もが食べたくなる魅惑の食品や癒しのスポットなど、日本全国から地元や世間で評判の情報、全250件を掲載。amazonにて販売中。

 

 

190515161308-5cdbbc04d75e7.jpg

 

掲載記事はこちら


2020-05-10 00:00:00
■一流の経営者はメンタルケアを重視する!どのように対策すべきか

社会生活の中で感じるストレスへの対処法として大切なことがメンタルケアです。一般的な人よりもプレッシャー等のストレスにさらされやすい経営者となると、適切なメンタルケアについても、より重要視するものではないでしょうか。この記事では、ストレスのセルフチェックやメンタルケアの重要性、対処法について解説します。

 

 

1.経営者こそメンタルケアが必須

 

経営者はストレスを受けやすい環境にあります。会社の経営における最終的な責任者であることから、難しい決断を自分だけで行わなければならない場合も多いです。その結果として、選択の結果は自己責任となってしまいます。誰かに相談するのが困難なケースでは、それに伴うプレッシャーにも対処しなければなりません。決断の過程で、不安や恐怖に襲われるという経営者も少なくはないのです。まず、重要なのはストレスにさらされている状態を自覚することです。大きな責任が伴えば不安を感じるというのはごく自然な働きで、それを否定したり隠したりするのはあまり良いことではありません。ストレスに対して早めに対処する、という意識を持つように心がけるのが大切です。

 

 

2.経営者が取り組むべきメンタルケア

 

ここでは、経営者が取り組んだ方が良いメンタルケアについて、どのようなものがあるか解説していきます。

 

2-1.日常的なセルフチェック

 

ストレスを感じていると、ちょっとした行動が普段と変わってくる場合があります。分かりやすい例だと、寝付きが悪い、逆に朝起きられないというような日常生活の中の僅かな変化です。他にも、歩く速度の違いや普段ならしないようなミスをしていないか等、いつもの自分と違うところがないかをセルフチェックしてみましょう。普段なら声をかけるであろうタイミングで挨拶を省いてしまった、というような些細な変化が自分の不調を見極めるポイントになります。

 

不快に感じるような出来事があったり、なんとなく気分が悪かったりすると人は普段通りの行いが出来なくなる場合があるものです。自分の普段の振る舞いや調子を理解しておくと、無自覚にストレスを受けていることにも気がつきやすくなります。もし自分がストレスを感じていると分かったら、早い段階で生活のリズムを整え、調子を元に戻すように心がけると良いでしょう。仕事中、こまめに気分転換を行うことも対策に役立ちます。趣味に没頭してストレスを開放する等のケアも重要です。

 

2-2.ストレスを解消する方法を持っておく

 

ストレスを解消するための方法は人それぞれです。こうしなければならないという決まりはないので、自分の好みに合った方法で上手に気分転換を図りましょう。何かにじっくり取り組むのも良いですし、家族と一緒に過ごすというようなささやかな楽しみでもかまいません。大切なのは、少しでも時間を作るようにしてストレスを発散することです。たとえ忙しくても、頭の中が仕事のみで一杯になってしまわないように心がけましょう。

 

2-3.専門的なカウンセラーに依頼する

 

カウンセリングを受けるというのも、経営者のメンタルケアに役立ちます。自分だけで考え込んでいた状態から脱して専門家であるカウンセラーに話すことで、抱えている問題をはっきりさせたうえで客観視できるようになるのです。早い段階でカウンセリングを受ければ、ストレスによる心理的なダメージを少なく抑えられる可能性があります。また、経営者の不調は会社の経営にも直接影響するので、その点でのリスク軽減にもなります。経営者がひとりでストレスを抱え込んで燃え尽きてしまう、そういった深刻な状況を防ぐためには有用な方法といえるでしょう。

 

 

3.メンタルケアを怠るとどうなるか

 

メンタルケアを怠ってしまうと、次のような状態になってしまう可能性があります。突然涙が出る、理由もないのに涙が止まらなくなるといった場合は、ストレスへの対処が上手くいっていないのかもしれません。その他の不調としては、眠れなかったり眠っても疲れがとれなかったり、食欲がないという状態が続くこともあります。あるいは、どんなものに対しても興味や関心がわかず一日を通して気分が落ち込んだまま、何も喜びを感じられないような状態になることも起こりえます。こうした不調が2週間以上続くとうつ病の可能性もあるので十分に注意しましょう。

 

 

メンタルケアも経営者の仕事の一貫と捉える

 

経営者の調子はそのまま会社にも影響します。つまり、正しいメンタルケアを行って経営者自身が安定することが、会社のためにもなるのです。メンタルケアを仕事の一部と考えてみるのも良いかもしれません。メンタルケアの一環として業務上の負担を軽減し、より良い成果を上げるために、運転手や秘書を雇ってみるのはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


2020-05-05 00:00:00

低炭素社会の実現へ向けて環境省主催 「Fun to Share」 に参加しています

 

 

 

140508190905ajjj.jpg

 

 

2015年、すべての国が参加する形で、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が採択され、世界共通の目標として、世界の平均気温上昇を2℃未満にする(さらに、1.5℃に抑える努力をする)こと、今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることが打ち出されました。

 

パリ協定を踏まえ、我が国は、2030年度に温室効果ガスの排出を2013年度比で26%削減する目標を掲げています。

この目標達成のためには、家庭・業務部門においては約4割という大幅削減が必要であり、政府は、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの転換」など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進しています。


2020-05-01 00:00:00
D6.png

会社の役員や社長となると仕事での移動時はもちろん、出勤時にも運転手が付くことがあります。便利ではありますが運転手にも人件費がかかりますよね。そこで今回のアンケートでは、サービスの品質が高く人件費もかかる運転手と、サービスの品質は並みで人件費もあまりかからない運転手、どちらの運転手を雇うかについて調査しました。

 

【質問】

あなたが社長または役員の場合どちらの運転手を雇いたいと思いますか?

【回答数】

価格は高いがサービスの品質が高い:73

価格は安いがサービスの品質は並:27

 

お金はかかっても、運転手の質が高いのが1番良い?

 

アンケートの結果、7割以上の方が価格は高いがサービスの品質が高いほうを選びました。

・運転は人の命がかかっているから、できるだけ高い品質を提供できる人を雇いたい。(30代/女性/正社員)

・運転技術や細かいことでイライラしたり不満を感じたりする可能性があるなら、最初から優秀な方を選び、気持ちよく毎日を過ごしたい。(30代/女性/パート・アルバイト)

・事故を起こしたらマイナスイメージがつくし、仕事に支障が出るので、質が高く、運転に余裕のあるドライバーが良い。(20代/女性/無職)

・価格は高くてもビジネスマナースキルが高かったり、急なスケジュール変更にも柔軟に対応できたり、運転技術の高い運転手の方が安心できるので、サービスの品質の高さを重視します。(30代/女性/専業主婦)

 

運転技術や運転マナーによっては仕事に大きな支障を与える可能性があります。たとえば、急発進や急ブレーキをする運転手の車に乗っていると体調や気分を害しますし、スピードコントロールも適切でないと危険です。運転手には自分の命を預けていることになりますので、価格は高くても安心できる運転手を選ぶ方が多いようです。

 

運転の品質が並みなら安いほうがお得?

 

約3割の方が、サービスの品質が並みなら価格が安いほうを選びました。

・サービスの質が良いと人件費がかかってしまうため、価格が安いほうが良いです。(20代/女性/個人事業主)

・命を狙われるような業種の社長または役員でなければ、事故などの安全性さえあれば十分だと認識している。(20代/女性/無職)

・必要経費を安くしたいので。質が悪いのであれば悩むが、並であれば問題はない。必要以上のサービスは求めない。(30代/女性/専業主婦)

・乗車時間が長ければサービスの品質が高いほうが好ましいが、長時間乗車しないのであれば並の品質で構わないと思う。(20代/女性/専業主婦(主夫)

・安い価格であれば対価として相応だと思うため。最低限求めることは、安全かつ迅速に目的地に到着すること。(30代/女性/パート・アルバイト)

 

車の運転手を職業としているわけですから、普通の人よりは運転技術が高いと思うのは一般的でしょう。運転手に求めるものはあくまでも運転手としての並みの品質で、それよりもコストを抑えることが大事だという方が約3割います。また、仕事で車を使うといっても車に乗っている時間や業種によって運転手に求めるものも違うようです。

 

基本的には一般以上の品質を求めている!

 

今回のアンケートでは7割以上の方が、価格が高くてもサービスの品質が高い運転手のほうを選びました。しかし、今回のポイントは価格が安ければ品質が悪い運転手でもいいということではありません。価格が安いほうを選んだ方も、サービスの品質が並みということで選んだのです。この品質が「並み」というのは、人によって考え方が違うというような、曖昧な表現ではありません。もともと車の免許を取得できるということは、安全運転ができるという証明でもあるからです。企業の役員運転手に求められているサービスの品質は一般的な「並み」ではなく、それよりも高い「並み」の運転技術と運転に対する意識と言えるでしょう。

 

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39 

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

あなたが社長または役員の場合どちらの運転手を雇いたいと思いますか?

 

【価格は高いがサービスの品質が高い】

・せっかく雇うなら気分良くお願いしたいですね。質の高い運転手であれば、仕事に役立つ知識や会話術も持ち合わせていると思いますので。(20代/女性/正社員)

・運転は人の命がかかってるから、できるだけ高い品質を提供できる人を雇いたい。(30代/女性/正社員)

・やはり品質が高いということはとても大事なことであると思っているからです(20代/女性/学生)

・何事も「安かろう悪かろう」だと思うからです。それなりにサービスを求めるならそれなりに支払うべきかと思います。(30代/女性/正社員)

・自分でも運転できるし、どうせ雇うのであれば、自分ではできないような技術やサービスを持った人に働いてもらいたいから。(20代/女性/学生)

・今は価格が安くてサービスだけはきっちり求めるが、ちゃんとサービスの質を求めるならそれなりの金額を払ってこそ受けられると思う。(30代/女性/派遣社員)

・サービスの品質が高い方が安心できるし、納得できる人材であれば運転手以外の仕事も任せたいと思うから。(30代/女性/無職)

・コスト的には高いかも知れませんが、それ以上の質の良い対応や運転をしてくれると思うからです。運転手がいるという事は自分は助手席又は後部座席にいるわけですから運転が荒いと酔ったり気分を害する恐れがあるから出来るだけ品質が良く気が利く人を運転手にしたいです、(20代/女性/無職)

・電車でのストレスを避けるためにタクシーに乗り、いつも同じ、という安心を求めて運転手を雇うので、雇うからには気遣いや配慮はしてほしい。(20代/女性/無職)

・わざわざ頼むのであればサービスは徹底的にこだわりたいと思うからです。(30代/女性/正社員)

・価格の安さを重視するならそもそも運転手を雇わない。お金を払うなら良いサービスを求める(30代/女性/正社員)

・どうせ雇うなら高い価格を支払うことで、自分の付加価値を高めたいと思うからです。(30代/女性/正社員)

・お金に余裕があるならば質の高いサービスをしてもらいストレスフリーでいたいです。並のサービスだと改善点に目がいってしまい気になってしまいそうです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・時には、社長や役員のお客さまを乗せることがあると思います。外部の人にもきちんとお客さまとして接するような、質の高いサービスが必要だと思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

・運転など、自分の命を預ける仕事ですので、安さよりも品質を重視します。(20代/女性/正社員)

・丁寧に運転をしたり話を聞いてくれたりと人ができている運転手が良いです。(30代/女性/正社員)

・運転手を雇うことで得たいものは、「時間効率」「心地よさ」「ステータス」であるため、高品質なサービスで気分を良くする必要があるため。(30代/女性/正社員)

・車の運転は危険も大きいので、出費を削ったために自分が命を落としたり、加害者になって慰謝料を払い続ける生活になってしまうのは嫌だから(30代/女性/パート・アルバイト)

・役員以上であるからには多少のお金は気にせずサービスを重視したほうが仕事に集中できさらに業績・評価を伸ばせそうなので(30代/女性/正社員)

・社長としての収入がどれだけのものかはわかりませんが、社長としての格のようなものを見せるには、周りの人や物に気を付けたほうが良いと思ったので(20代/女性/正社員)

・価格が高くても、サービスの質が良ければ妥当なのではないかと思います。(30代/女性/正社員)

・快適さを重視します。それ相応の価値があれば価格が高くても良いと思います。品良く快適な移動時間を過ごせれば、自分自身も頑張っていこうという意識に繋がると思えます。(30代/女性/パート・アルバイト)

・運転技術や細かいことでイライラしたり不満を感じる可能性があるなら、最初から優秀な方を選び、気持ちよく毎日を過ごしたい。(30代/女性/パート・アルバイト)

・運転は高い技術が必要だと考えるので少し位給料が高くても品質の高い運転手を選びます。(30代/女性/無職)

・サービスが並なら、その都度タクシーなどを利用すれば良いと思う。専用の運転手として雇うからにはそれなりの品質が欲しい。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・サービスの品質が高いほうが、より業務を全うすることができると思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

・事故を起こしたらマイナスイメージがつくし、仕事に支障が出るので、質が高く、運転に余裕のあるドライバーが良い。(20代/女性/無職)

・社長や役員だと、人の目も気にして当然のため、品質の悪い運転手を雇っていた場合、何かあったときに信用問題にかかわってくるから。(30代/女性/公務員)

・人命を運んでいる、まして、社長や役員といったその会社の生命線ともいうべき人を乗せているのだから、価格は高くても高品質なサービスを提供してくれる人を雇いたい。(20代/女性/パート・アルバイト)

・柔軟な対応ができるのは価格が高くてもサービスの品質が高い運転手だと思う。(20代/女性/無職)

・社長や役員という立場なら、取引先の方を同乗させることもありそうなのでサービスの品質が大事だと考えました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・車の運転という、ある意味命を預けているので質が高い方が望ましいと思います。多少報酬が高くても信頼できるのであれば支払う価値はあるかと思います。(30代/女性/正社員)

・運転手を雇うほどの余裕があるなら、価格の安さより質の高さを求めると思ったので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・社長や役員として運転手を雇うなら、価格よりも品質の方が重要だから。(20代/女性/学生)

・社長、役員のステータスはその企業の品格といっても過言ではないので、少々の経費をかけてでも、上層部には品質の良いサービスをつけるのが良いと思うからです。(20代/女性/正社員)

・雇うからには、高価格高品質なものをお願いしたいです。並みでも良いですが、それならわざわざ雇う必要性を感じません。(30代/女性/派遣社員)

・多少高くとも後々まで満足できるサービスを使うほうが、その後のパフォーマンスも良くなると感じるため。(20代/女性/学生)

・やはり、安全に直結する問題なので、常識的な範囲で予算を割ければベストだと思うからです。(30代/女性/個人事業主)

・質の高いサービスを受けることで、運転手にかかる費用よりも大きな利益を上げることができるから。(30代/女性/正社員)

・細かく忙しいスケジュールをこなす中、予定通りに事を進めるために重要なのは移動時間とその時の過ごし方だと考える。移動中が快適であれば、その間に休むこともでき全体的な作業効率が上がると思われる。そのため高い値段でも品質の高いサービスを受けるべきだと考えたため。(20代/女性/学生)

・雇うなら、価格が高くてサービスの品質も高い運転手。その金額が高いと思うなら、元から雇わない。安いお金を払ってサービスの品質が並なら、自身で運転する。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・社長や役員だとそれなりの上質な対応やサービスが必要だと思うから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・サービスの品質が高いと、道や交通事情に詳しかったり、その周囲の地域のことに詳しかったりと色々と教えてくれそう。また多少の無理も聞いてもらえたり、気遣いができる気の利いた運転手だったり良いイメージがするため、単価が高くてもサービスの質が良いほうがいいと思いました。(30代/女性/派遣社員)

・通常の生活ではコストパフォーマンスを取りますが、社長の場合は自身のパフォーマンスを上げる方が得になると思います。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・移動時間は貴重なのでリラックスしたいから。「時間を金で買う」ことをしてみたいから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・品質が高いに越したことはないです。これで価格が並であればより良いです。(20代/女性/正社員)

・社長や役員であれば一般社員などと違い商談などの内容も大きな案件が多いはずなので、それを取り巻く役職も社長及び役員の「チーム」として、プロ意識を持った人を近くに置きたいから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・自分自身が社長であるならば、移動中でも業務のことだけに集中していたいです。移動のルート、手順、料金支払い作業は運転手の方にお任せしたいという目的で雇うからです。上記の理由でサービスの品質が高い方を選択します。(30代/女性/正社員)

・車での移動中長く一緒にいる事になるので、ストレスなく過ごしたいから移動中も仕事をしたいので、信頼できる人がいいから(30代/女性/派遣社員)

・渋滞情報など細かくチェックしたり、今後の天気も調べて欲しいから。命を預けるから品質は落としたくない。(20代/女性/無職)

・命を預かる仕事だからサービスの品質の高い運転手を雇いたいと思います。(30代/女性/個人事業主)

・運転に関しては、値段が高くても信頼できる人に任せたいです。サービスが良いということは、それだけ周りに気をかけている人だと思うので、運転に対しても信頼できる人だと思うからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・価格が安いというのは懐にやさしいイメージですが、質が並ということは並と記載があっても実際自分が体験してみたら下だと感じる可能性がある、ということではないでしょうか。同じようにお金を払って仕事を頼むなら、質の高い仕事をしてもらいたいし、それに見合ったお給料を払うのは当然ではないでしょうか。(30代/女性/派遣社員)

・せっかくお金があるのなら、質の高い生活スタイルにしたいと思うから。サービスの質が上がれば仕事のモチベーションもきっと上がると感じる(20代/女性/正社員)

・並のサービスならわざわざ運転手を雇わなくても会社の者で良い。質のいいものだから価格が高くても雇う価値がある。(30代/女性/正社員)

・やはり、車の運転という危険な事故などを起こす可能性があるかもしれないので、価格が高くても品質の高いほうがいいのではないかと思う。(30代/女性/無職)

・せっかくサービスを受けるなら品質が高い方を選びますし、サービスの質が低いとお金を出す意味がないような気がします。(30代/女性/個人事業主)

・価格は高くてもビジネスマナースキルが高かったり、急なスケジュール変更にも柔軟に対応できたり、運転技術の高い運転手の方が安心できるので、サービスの品質の高さを重視します。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・社長や役員が利用するのであれば、それなりの質の高さが必要だと思うから。(30代/女性/個人事業主)

・プライベートな空間でもある車内で運転手の質は大切だと思います。社長や役員といった立場なら秘書との会話や、突然かかってくる電話の内容も、会社に関わる大事な内容の可能性が高いと思います。高いお金を払っているから安心というわけではありませんが、サービスの品質にその人の人柄も含まれていると思います。(30代/女性/学生)

・サービスの品質が高いほうが仕事にも集中できて、物事がプラスに運ぶと思うからです。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・経済的に難しくないのであれば、品質が良いサービスを選んだほうが快適だと思うから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・社長としてわざわざ運転手を頼むのにサービスが並みでは特別感がなく意味がないと思うから。(30代/女性/正社員)

・サービスの品質が高くないと、自分の仕事を効率よくできないのではないかと思ったので、「価格は高いがサービスの品質が高い」ほうがいいです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・運転手の質は己の安全にも直結するから。車そのものは高級車でなくてもいいが、運転手は腕の良い人を雇いたい。(30代/女性/個人事業主)

・運転となれば、自身だけでなく乗車する全ての人の命を預かる仕事であり、移動時間も無駄に出来ない社長や役員となると質の高さは必須だと思う為。(20代/女性/派遣社員)

・少しでもリラックスして移動したいと思うので、やはりサービスは高品質の方が安心します。道に詳しかったり、サービスが良いと仕事に集中できると思うからです。(30代/女性/正社員)

・安全面に配慮しなくてはならないので、適当に済ませて信頼の置けない人にあ命を預けられません。並みの方に頼むくらいなら、自身で運転するでしょう。(30代/女性/パート・アルバイト)

・自分自身が気持ちよく仕事をするために、価格は高くても品質の良いサービスを受けたいから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・運転手の品質にはこだわりたい、並でもいいが、やはりレベルが高い方がいい(30代/女性/正社員)

・サービスの品質が高いほうが安心して運転を任せられると思うから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・仕事が忙しいときにリラックスして移動したいので、価格は高くてもサービス品質が良いのを選びたいです(30代/女性/専業主婦(主夫))

・運転手は、身近な存在となるため少し価格が高くてもサービスが良いほうが気分的にも良いと思うから。(30代/女性/パート・アルバイト)

 

【価格は安いがサービスの品質は並】

・過剰なサービスを運転手に求めていないので、品質が並みならそこで十分だと判断した。(20代/女性/無職)

・安い価格であれば、並のサービスをしてくれれば充分だと思います。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ある程度のことは自分で出来るので安くてサービスは普通程度で十分です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ただの移動しゅだんにすぎないので、安いに越したことはないと思ってしまいました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・正直そこまで運転手にサービスの質を求めていないから。ドアは自分であけるし、荷物も自分でつめるから。(20代/女性/無職)

・別にお金持ちだからといってそれなりの生活とかはしたいとは思いませんし、会社に着くならなんでもいいので安いほうにします。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・サービスの品質が悪いのではなく、並であるのならば、価格が安いにこしたことはないと感じます。(30代/女性/派遣社員)

・命を狙われるような業種の社長または役員でなければ、事故などの安全性さえあれば十分だと認識している。(20代/女性/無職)

・今は並だとしても、これからサービスの品質を上げれば良いから選んだ(20代/女性/学生)

・乗車時間が長ければサービスの品質が高いほうが好ましいが、長時間乗車しないのであれば並の品質で構わないと思う。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・自分のための運転手に高い人件費を払うより、社員全員のためになる所にお金を使いたいから(20代/女性/正社員)

・サービスの質が良いと人件費がかかってしまうため、価格が安いほうが良いです。(20代/女性/個人事業主)

・人の命にかかわることなので、サービスの質は大切であるがとはいえ並の品質さえあれば充分な役割であると思うため(20代/女性/パート・アルバイト)

・投資するなら他のことに投資したいため、品質が並みであれば安い方で十分だから(20代/女性/学生)

・社長でも節約するところはしっかりと節約した方が良いと思います。そういう人は尊敬されます。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・費用を抑えたいから。高品質の技術があるより、並程度でも職務を全うしてくれれば十分。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・サービスの質はそれほど悪くなければ、値段が手頃な方が嬉しいため。(20代/女性/正社員)

・運転以外のサービスが分からない。とにかく時間通りに目的の場所へ運んでくれればよい(20代/女性/正社員)

・並み、ということは可もなく不可もなく。もし『高いが質は良い』と『安いが質も悪い』の比較であれば高い方を選びますが、安くて並のサービスが受けられるのであればコスパも良いですし、まずはそれで様子を見ると思います。(30代/女性/正社員)

・私が社長である場合、運転手から特別な待遇を求めませんし、最低限の業務をこなしてくれれば問題ありません。並以下のサービスとなれば話は別ですが、運転手にそこまで費用を注ぎ込む必要性が感じられないので、価格は安いがサービスの品質は並を選択しました。(20代/女性/正社員)

・必要経費を安くしたいので。質が悪いのであれば悩むが、並であれば問題はない。必要以上のサービスは求めない。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・必要最低限のサービスがあれば十分だと思うから。他の部分でもっと必要な投資があると思うから。(20代/女性/正社員)

・正直なところ運転は自分自身でもできるので、運転手の人件費にあまりお金おかけたくないです。サービスの品質がそこまで高くなくても、最低限目的地に送迎してもらえたらいいかなと思ったためです。(20代/女性/学生)

・安い価格であれば対価として相応だと思う為。最低限求めることは、安全かつ迅速に目的地に到着することである為。(30代/女性/パート・アルバイト)

・価格は高いより安いほうがいい。サービスの品質は悪くなくて並くらいならいいと思う。(30代/女性/無職)

・経費削減のためには、サービス品質が並であるなら価格の安いほうを雇う。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・サービスの品質が悪くないのであれば、毎日のことであるのでコストパフォーマンスが高いほうがよいと思うから。(20代/女性/正社員)

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


1