+81-3-6435-8363

一般財団法人トランスアクト財団

一般財団法人トランスアクト財団

最新情報

2019-04-10 00:00:00
■社長は本当に忙しい!社長が忙しすぎる原因と負担を減らす対処方法!

社長の仕事は常に忙しいものです。ただし、社長のなかには、ほかの会社の社長も自分と同じように忙しいのかどうか、知らない場合もあります。そのため、忙しいことで悩んでいる人も多いでしょう。状況を打破する方法を把握しておけば、その都度適切な対処方法を講じることができます。この記事では、社長が忙しい原因や対処方法について解説していきます。

 

 

1.社長が忙しい原因

 

社長が忙しいといわれることには、理由があります。ここでは、社長が忙しい原因について紹介します。

 

1-1.現場に入らないといけない仕事が意外と多いから

 

社長はいつも社長室にこもって仕事をしているわけではありません。社長という立場上、会社の経営状態をしっかりと把握しておく必要があります。しかし、特に中小企業の社長の場合はトラブルの対応に追われることも多く、日々の業務に追われるあまり、会社の現状を把握することすら難しいというのが実際のところです。たとえば、業績が振るわないときには社長自ら営業に出かけたり、退職した人材の穴埋めを行ったりするなどということもめずらしくありません。

 

また、慢性的な人材不足に悩んでいる会社の場合は、そもそも人手が足りないことや適切な人材がいないなどの理由から、一人の社員がすでに多くの仕事を抱えているケースも見られます。このような状況では、社長がほかの社員に仕事を依頼したくても頼みづらいため、結局自分が現場に入らなければならなくなり、気持ちに余裕が持てないほど忙しくなってしまうのです。

 

1-2.「人」をおろそかにできないから

 

社長である以上、人をおろそかにすることはできません。そのため、基本的に一日中誰かと連絡を取っている社長はたくさんいます。また、社外での接待や部下の相談に乗るなども社長の仕事であるため、基本的には毎日のように何かしらのアポイントが入っているのが一般的です。さらに、社長自ら人と会うことによって、新しい仕事が決まる可能性もあるので、社内の人はもちろんのこと、社外の人とコミュニケーションをとることもおろそかにはできないといえるでしょう。

 

 

2.忙しすぎる状況を解消するための対処方法

 

忙しすぎる状況を少しでも解消するために、適切な対処方法を把握しておきましょう。ここでは、2点の対処方法を紹介します。

 

2-1.会社の現状は常に把握しておく

 

常に社長は会社の現状を把握しておくことが欠かせません。現状が正しく把握できていれば、余裕を持って売上の予測ができるなどのメリットにつながります。加えて、社長が現状を理解していれば、「原因は分からないけれど人材が不足しており、何となく忙しい」や「なぜか資金が足りない」など、原因不明の経営不振を回避することができるようになります。社長自らが気持ちに余裕を持ち、毎日の仕事に取り組むことができるよう会社の全体像をしっかりと把握したうえで、経営管理に役立てていきましょう。

 

2-2.効率的にスケジューリングし移動時間も無駄にしない

 

社長の場合、しっかりとスケジューリングをしておかなければ、常に予定が詰まっていたり、ダブルブッキングしてしまったりするなどの問題につながる恐れがあります。そのため、効率的なスケジューリングを心がけることが重要です。スケジュールを管理する場合は、優先度の高いスケジュールかどうかを把握することが欠かせません。加えて、スケジューリングの際には社長ベースで予定を組んでいくことに対して、部下や取引先が不満を持たないような気づかいも大切です。忙しくても無駄な時間を過ごすことがないように、移動時間も仕事やリフレッシュの時間にあてるなどの工夫をしておきましょう。

 

 

時間を効率的に使える環境をあらかじめ整えておこう

 

社長が常に忙しいと、現状が把握できなくなるだけでなく、次第に余裕がなくなってきます。そのため、スケジュール管理をする場合は、ある程度気持ちに余裕が持てるよう配慮することが欠かせません。たとえば、移動時間も無駄にしないように、必要に応じて運転手や秘書を雇うなどして、限られた時間を効率的に使えるように心がけましょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています