+81-3-6435-8363

一般財団法人トランスアクト財団|TransACT Foundation

一般財団法人トランスアクト財団

最新情報

2021-03-01 00:00:00
10_10_1_33450484.jpg

ロールスロイスといえば誰もが知っている高級車の一つです。見た目のカッコよさや性能、乗り心地など、どれをとっても最高級の世界を代表する高級車です。今回はそんなロールスロイスの後部座席の乗り心地だけでなく、運転席の乗り心地や、役員運転手として役員や社長を乗せる際にどのような心配りが必要かを解説していきます。

 

 

■VIP送迎用ロールスロイスの特徴

ロールスロイスは最高級のショーファードリブンカーで、オーナーが後部座席に座り、専用の運転手が操作する車です。扉を中から開け閉めしにくい構造になっているため、後部座席の乗り降りには運転手のエスコートが必要になります。一般的な送迎用の車よりもホイールベースが長く、車幅も2mを超える大型車です。特にロールスロイスの最高級モデル・ファントムのエクステンデッドホイールベースは全長が約6mと長く、前輪と後輪の間が極端に広いので、運転席と後部座席の間に人1人が横になれるほどのスペースがあります。このボディの長さによってゆったりとした室内空間と安定した直進走行を可能にしています。

 

外装や内装に関して言えば、送迎用のロールスロイスは基本的に黒塗りになっているため、一目で送迎用の高級車だとわかるようになっています。内装はシートにも本牛革を使い、ラグジュアリーな車内空間を演出しています。しかしラグジュアリー感が強いがために傷や汚れが目立ちやすいというのもロールスロイスのひとつの特徴でもあります。

 

 

■運転手に必要な心配りとは?

運転手に必要な心配りとしてまずいえるのが、一般の送迎者以上に安全運転や交通マナーに心がけることでしょう。他の車や周囲の人に迷惑をかけると運転手の評判が下がるだけでなく、オーナーやクライアントの評判も下げることにつながりかねません。ロールスロイスは一般的な送迎車よりもサイズが大きく、外見も素材にこだわり抜かれた素晴らしいものですが、その分他の人から目立ってしまいます。ロールスロイスの運転手として普段以上に注意し交通ルールやマナーを遵守する必要があるでしょう。

 

また、路上駐車する際にも通常よりも広いスペースが必要になるため、待機の際は交通の妨げにならないようにします。その際は乗り降りに不自由しない広さまで開けられるかを考えて駐車スペースを決める必要があります。内装や外装に関してはすべてこだわり抜かれているため、その素材に見合った適切なメンテナンスをし、常に新品同様のクオリティを維持することが求められます。運転スキルやマナーがよくても肝心の車が汚ければすべて台無しになってしまうからです。快適な移動時間を過ごしてもらえるように定期的な点検や洗車を心がけましょう。

 

 

■運転手も乗り心地を堪能できる車

ロールスロイスは運転手が運転を楽しめる最高の乗り心地を持った車のひとつです。ロールスロイスはもともと後部座席の乗り心地を重視した設計のショーファードリブンズカーでした。しかし、クラスによってはオーナー自身が運転するケースも見られます。近年はこうしたニーズにともない、運転席の乗り心地を十分に考えられた設計のものが増えています。ショーファードリブンズカーでありながら、オーナーがこぞって運転したがる運転席の乗り心地を堪能できるのは役員運転手の特権といえるでしょう。

 

また素材の特性を理解して手入れをする必要はあるものの、車の隅から隅までこだわり尽くした内装を楽しめるのも役員運転手のよさといえます。しかし、運転手の乗り心地を堪能する前に、後部座席に乗せる人にきちんと気を配りながら目的地まで送り届けなければいけません。運転席の乗り心地のよさを運転手として味わうなら、後部座席に座る社長や役員も一緒に、ロールスロイスならではの快適さを堪能できるように、しっかりポイントを押さえた心配りを提供することが大切です。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2021-02-20 00:00:00
■36協定の適用外の業種に役員運転手は含まれるのでしょうか?

従業員の労働時間に関係する「36協定」は、経営者ならば知っておきたい法律です。36協定を締結しないまま規定の労働時間を過ぎてしまうと、違法行為になってしまうからです。そして、36協定は役員運転手などの仕事にも関わってきます。この記事では、役員運転手と36協定の関係や、従業員に課すことのできる労働時間について解説します。

 

 

1.36協定とは

 

労働基準法によって、企業が従業員に課すことのできる労働時間は決められています。1日8時間、週40時間が法定労働時間となり、基本的にこれ以上従業員を働かせることはできません。ただ、繁忙期などの理由で、どうしても従業員に残業をしてもらわなくてはならない時期はやってきます。そこで、法定時間外労働を労働基準監督署に一部認めてもらうための手段として36協定が生まれました。36協定は従業員と経営者のあいだで締結され、労働基準監督署に届ける取り決めです。監督署から許可を得れば、経営者は週15時間、月45時間までなら従業員に法定時間外労働をさせることが可能です。また、特殊な事情があるとみなされれば、最大で年間6カ月まで適用の期限を延ばせます。

 

しかし、全業種が36協定のルールで時間外労働が認められるわけではありません。運転手の場合は「自動車運転者の労働時間等を改善するための基準」が設けられています。経営者はその基準を踏まえて、運転手に時間外労働を頼む必要があります。

 

 

2.自動車運転者の労働時間等の改善のための基準とは

 

厚生労働省のWebサイトには、自動車運転者の労働時間等の改善のための基準が掲載されています。そして、業種ごとに拘束時間や労働時間のルールが説明されています。自動車運転手の場合、出社してから退勤するまでが拘束時間という決まりです。そのうえで、拘束時間から労働時間を差し引いたものが労働時間です。たとえば、9時から18時まで働いたとして休憩時間が1時間なら、労働時間は8時間とみなされます。

 

なお、休息時間のルールも職種ごとに異なります。共通しているのは、拘束時間が終わってから次の拘束が始まるまでの時間が休息時間という点です。そのため、仕事中に挟まれる休憩時間と休息時間は全く意味合いが異なる言葉です。こうした労働時間、拘束時間、休息時間の細かいルールは厚生労働省のサイトで確認できます。経営者なら、運転手を雇う際に必ずチェックしておきましょう。

 

 

3.断続的労働の適用除外制度とは

 

役員運転手は拘束時間中、常にハンドルを握ったり車の点検を行ったりしているわけではありません。すなわち、役員運転手は断続的労働だと言えます。ただ、役員や社長の予定に合わせて働かなくてはならないので「9時から18時」のように規則的な仕事が難しいと言えます。そのため、拘束時間が長くなる場合も少なくありません。ただ、雇用側からすれば、待ち時間の多い運転手に対して時間外手当をどれくらい支払うべきなのか迷うところです。

 

原則的に、役員運転手は待機時間でも雇用者の指揮下にあるので、労働をしていると考えられます。そのため、拘束時間が増えるにつれて支払うべき手当も高くなっていきます。ただ、休日出勤や法廷時間外労働が多くなってしまうと、運転手への手当はかなりの額になってしまいかねません。そこで「断続的労働の適用除外制度」の利用が認められています。この制度では申請が認められたときのみ、運転手の待機時間を労働時間から差し引くことが可能です。

 

 

役員運転手の労働時間について考えよう

 

36協定とは異なる、業種特有のルールによって役員運転手は労働時間を定められています。また、役員運転手の待機時間をどのように捉えるかによって、雇用者が支払うべき時間外手当の額は変わってきます。労働内容によっては断続的労働の適用除外制度の申請も可能です。自社の負担にならない方法を調べたうえで、役員運転手を雇いましょう。

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2021-02-15 00:00:00

当財団代表の橘が日本経済新聞社「ASIAN REVIEW」に掲載されました。

 

 

 

180509081940-5af2308c722bc.jpg

 

 NIKKEI ASIAN REVIEW

 

 

 

180201144021-5a72a845f0afa.jpg

 

一般財団法人トランスアクト財団 代表理事 橘 秀樹

 

 

 

日経ならではの視点で「真のアジア」を提供。

 

日本経済新聞社が2013年に創刊したアジアの”今”を世界に発信する英文ニュースメディアです。

 

英国フィナンシャル・タイムズを買収し、より上質なグローバル情報の発信に向けて注力する日本経済新聞社。2013年にアジアを代表する情報発信源として「NIKKEI ASIAN REVIEW」を創刊し、成長著しいアジア経済圏の実像を世界に届けています。アジアの未来を担う世界中のリーダーたちやアジアについて詳しく知りたいという方々のために、バイアスのない「真のアジア」を提供。パソコンやスマートフォン、モバイル・タブレット端末アプリ(iOSとアンドロイドに対応)でご購読いただけるほか、週刊でプリント版も発行しているマルチデバイスメディアです。


2021-02-10 00:00:00
■理解されづらい社長のストレス!解消するための2つの方法とは

ストレスを抱えているのは従業員だけではありません。社長も悩んだり落ち込んだりしますが、周囲にはあまり理解してもらえないのが実情です。自分にストレスがたまってくると、他の社長はどう対処しているのか気になる場合もあるでしょう。この記事では、社長のストレスについて定番のものを紹介し、解消する方法も詳しく解説します。

 

 

1.社長が抱えがちなストレス

 

社長といっても、基本的には一般的な従業員と悩みのポイントは変わりません。人と仕事に関する困りごとが、ストレスの発生源になっていることが多いです。ここでは、社長が抱えやすいストレスをその2点の観点から紹介します。

 

1-1.「人」に関する悩み

 

一口に従業員といっても、性格や仕事のスタンスはさまざまです。そのため、社長がすべての従業員と良好な人間関係を築くのは容易ではありません。全員が素直に従ってくれると楽ですが、実際には指示を無視されるようなケースもあるのです。その他にも、言葉遣いや態度が悪かったり、隠れてさぼったりするなど、従業員に関する悩みがストレスをよく引き起こします。また、悩みを解決したくても経営者という特殊な立場であるため、社内に相談できる人がいないことも珍しくありません。孤独を感じていると、そのつらさによりストレスが助長される可能性もあります。

 

1-2.事業やお金など会社経営の悩み

 

社長は会社経営が仕事であり、とても大きな権限を持っています。発言や決断を自由に行えるので、従業員からはストレスが少ないと思われがちです。しかし、権限には会社の行く末を左右する大きな責任が伴います。今後の事業展開や資金繰りなど、ストレスに直結する心配ごとを常に抱えているケースも多いでしょう。また、社長の仕事の多くはすぐに成果がでないため、時間がかかることに対してストレスが生じることもよくあります。たとえば、プロジェクトの立ち上げに3年を要することもありますし、社内の制度を変えるだけでも1年以上かかる場合もあるのです。

 

 

2.社長のストレスを解消するには?

 

ストレスを放置しておくと、健康や事業に悪影響が生じかねません。忙しい社長業をこなしながらでも、うまく解消していく必要があります。その手段として、業務中に可能な方法とそれ以外の方法の2種類を説明します。

 

2-1.従業員に好かれようとせずに自分の仕事に専念すると割り切る

 

業務中にストレスを減らしたいなら、従業員に対する認識を変えることが大切です。好かれようとすると、それを叶えられないことが悩みになってしまいます。会社が従業員を雇用する目的は利益を出すことであり、従業員の目的は貢献の報酬として給与を受け取ることです。いくら人間関係が良好でチームワークが抜群でも、利益が出ていなければ意味がありません。従業員との関係はあくまでも契約上のものだと割り切ることが大切です。そうして仕事に専念すれば、人間関係で一喜一憂することもなくなり、ストレスの解消につながります。

 

2-2.少しの時間でも気分転換する

 

忙しいと思っていても、探せば意外と業務以外のことに使える時間は多くあります。何時間も確保するのは困難でも、用事の合間に読書やゲームなどを進めていくのは難しくないでしょう。静かな場所にいるなら、少しだけでも寝たり瞑想したりすると心身が休まります。このような気分転換はストレス解消になるうえに、頭もリフレッシュできることが大きなメリットです。頭が冴えると仕事をスムーズにこなしやすくなるので、自由な時間をつくりやすくなるというプラスの循環が生まれます。このサイクルをうまく回していくことで、ストレスと縁遠い生活をすることも可能です。

 

 

自分を強く持つことが動じない心を作る

 

ストレスを減らしたいなら、原因を理解して予防するのと同時に、効果的な方法で解消しなければなりません。社長の場合、いつも従業員や仕事のことを考えて、気が休まらない状態であることが多いです。そのため、自分のことに専念する時間をつくったり、息抜きする時間を設けたりする必要があります。これを実現したいなら、業務の負担を軽減するために、運転手や秘書を雇うことも検討すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


2021-02-05 00:00:00
■第1回 無担保社債(私募債)発行のお知らせ

当財団グループ企業の株式会社トランスアクトは令和2年12月30日、第1回 無担保社債(私募債「株式会社みずほ銀行・東京信用保証協会共同保証付」)総額3千万円を発行いたしましたのでお知らせいたします。

 

 

株式会社トランスアクト(代表取締役 橘 秀樹) 第1回 無担保社債

 

(1) 発行金額:30,000,000円

(2) 発 行 日 :2020年12月30日

(3) 償 還 日 :2025年12月30日

(4) 償還期間:5年

(5) 発行代理人: 株式会社みずほ銀行

 

【証券保管振替機構】銘柄公示情報(一般債)

社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号)第87条に基づく一般債の内容の公示

https://www.jasdec.com/reading/sbmei.php?error_flg=&todb=ok&isin=JP90B004ZMB7&mei=&nexts=&offset=&rowcntmax=&linkno=1

 

 

無担保社債(私募債)の発行に際しましては、財務内容、収益性について厳しい審査基準を満たす事が必要であり、今回の発行により弊社の成長性及び健全性に対して優良企業としての評価がなされたものと認識しております。

 

また弊社は本資金を、

①お客様満足度向上の為の投資

②人材育成と教育支援への投資

③新しい生活様式に対応する業務環境への投資

に重点的に活用して参りたいと考えております。

 

弊社は対外的に期待される信用と健全な財務体質を生かし、今後も更なる業容拡充に向けて邁進して参ります。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...